読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

激務のサラリーマンが不動産投資で年間家賃収入1000万円を手にする方法 ~将来に不安な状態から老後まで一気に勝ち逃げする~

高年収でないサラリーマンや個人事業主でも不動産投資で年間家賃収入だけで1000万円を手にする方法について書いています。読むのが面倒だから具体的なノウハウを聞いてみたい方は、LINEにご連絡ください。【LINE ID】→@ljr0532l ※@忘れずに

突っ込んだ質問をします。

いきなりですが。。。。

 

 

皆さん貯金ってできてます???

 

 

変な質問をして失礼しました。

 

前回はこれから不動産投資について

お話していくとお伝えしましたが、

 

今回はそもそもなぜ不動産投資をはじめとする

資産運用が必要かお話しします。

 

 

 

冒頭で貯金ができているかお聞きしましたが、

老後っていくら貯金していないとゆとり

ある生活が送れないかご存知ですか?

 

 

諸説ありますが、大体一人当たり3000~5000万円と

いわれています。

 

厚生労働省のホームページにも乗っているので

一度見てください。

 

年金がそもそももらえない、退職金がない+

親の介護などにお金がかかるとしたら

 

最悪のケースを考えて5000万円は貯金がほしいところです。

 

 

この5000万円を例えば25歳から65歳まで

普通に貯金するとしたら、

 

5000万円÷35年=年間約143万円

143万円÷12か月=月に約12万円

 

という感じになります。

 

家賃をはじめとする諸生活費を

払いつつ12万円の貯金をしていく

ってかなり大変ですよね。。。

 

 

老後のためとはいえ、今を犠牲にして

貯金をしていくってなかなかリスクですよね。

 

 

ですので、僕の思う資産運用の目的は

 

「今を全力で生きるため」

 

だと思っています。

 

 

貯金による生活苦のリスクを回避すると

同時に老後の生活のリスクもカバーする。

 

それができたらある意味人生勝ち組と

いってもいいかもしれません。

 

 

資産運用にもいろんな種類があります。

 

FX

投資信託

不動産

保険積立

貯金(一応預けておくだけで微々たるものですがお金は増えます)

 

 

その中でもなぜ私が不動産投資を推すのかと

いうと、

 

不動産以外の運用方法は

「お金でお金を増やす方法」であるため、

今のお金を犠牲にする必要があるのに対し、

 

不動産投資は「信用でお金を増やす」ので

今を犠牲にする必要がないからです。

 

それはどういうことかというと、

不動産以外の方法は多額の自分のお金を

運用して利益を生むので、

 

どうしても大きな自己資金が必要と

なってしまいます。

 

不動産に関しては自分のお金ではなく

他者のお金で自分のお金を作っていくので

自分のお金が減るタイミングが

 

ほぼないといっていいです。

 

そして、時間を使うこともないです。

 

 

さらに詳しい部分に関してまた次回の

投稿に回します。