低所得で激務のサラリーマン・公務員でも会社にバレることなく0円不動産投資で年間家賃収入1000万円を手にする方法 ~将来に不安な状態から老後まで一気に勝ち逃げする~

高年収でないサラリーマンや個人事業主でも不動産投資で年間家賃収入だけで1000万円を手にする方法について書いています。読むのが面倒だから具体的なノウハウを聞いてみたい方は、LINEにご連絡ください。【LINE ID】→@ljr0532l ※@忘れずに

棟ものに挑むあなたへ贈る言葉

今まで主に区分投資について書いてきましたが、

今回から棟ものに関してもお話していこうと

思います。

 

 

区分投資はあくまでも保険や年金代わりといった

将来への備えという色が強く、

いきなり儲かるというものではない

ことは理解していただけたと思います。

 

でも、やっぱり可能ならば

家賃収入だけで悠々自適に暮らす

生活にもあこがれますよね。

 

 

そうなった場合は、ワンルームではなく、

複数の個数を抱えた棟ものの不動産投資に

挑まなくてはなりません。

 

 

今回は棟ものに挑むにあたっての

入口的な内容になります。

 

 

まず、言っておきます。

 

棟ものに正解はありません。

 

いきなり難しいですよね。

 

棟ものに挑んで成功した方の

やり方を見ると本当に人それぞれ

哲学を持って不動産投資に挑み、

 

修正を繰り返しながら、自分ならではの

やり方を見つけているといった

印象を受けます

 

 

ますますどうすればいいかわからなく

なってしまいますよね。

 

 

ですので、まずはこれだけはやってはいけない

ということをお伝えします。

 

 

それは、弱い業者から絶対に買わない

ということです。

 

弱い業者ってなんやねんということですが、

 

まず、注目すべきポイントは

どこの金融機関を使っているか?

です。

 

特定の金融機関名を出すのは避けますが、

基本金利2%後半から3%台を提示された

時点でかかわるのをやめておいたほうが

吉でしょう。

 

そもそも業者に実績がないので金利

低い良い銀行から融資を引っ張れないだけです。

 

 

さらに言えば、買い増しを前提として

物件を提示していない場合は、不当に価格を

上乗せされるので売り切りということも

難しくなります。

 

修繕などもかさむとただの負債となり

いずれ自己破産なんてこともあり得ます。

 

 

2点目としては表面利回りだけで

判断しないということです。

 

中古でとても利回りがいいです!

 

と売りに出されている物件がありますが、

ではなぜ、利回りの良い物件をオーナーさんは

手放すのでしょうか?

 

手放すに至った要因についてもよく調べなければ

一度人が離れるとしばらくつかないなんて

ことはざらにありますし、

 

さらに悪徳業者になると身内を家賃高めで

住まわせて、売れたらすぐに退去して

結局家賃を下げざる得なくなり、利回りが

激減するなんてこともあります。

 

 

一棟ものに挑むときはとにかく

業者の思惑を読み取ったうえで

自己判断で購入を決めないと

 

恐ろしいほど痛い目にあってしまいます。