低所得で激務のサラリーマン・公務員でも会社にバレることなく0円不動産投資で年間家賃収入1000万円を手にする方法 ~将来に不安な状態から老後まで一気に勝ち逃げする~

高年収でないサラリーマンや個人事業主でも不動産投資で年間家賃収入だけで1000万円を手にする方法について書いています。読むのが面倒だから具体的なノウハウを聞いてみたい方は、LINEにご連絡ください。【LINE ID】→@ljr0532l ※@忘れずに

一棟もののリスク回避方法

前回までは一棟ものをやるにあたっての 

リスクについてお話してきました。

 

 

正直リスクだけ聞くと怖くて手を出せないですよね。

 

 

ですが、一棟ものの不動産投資には

リスクさえ突破すれば、

 

「圧倒的な夢」

 

をつかみ取ることができます。

 

本業の収入のほかに

数千万円の家賃収入が入ってくる

生活を想像してみてください。

 

 

ある意味人生思い通りですよね。

 

 

では、その夢のような家賃収入を

得るためにどのように

 

「業者のリスク」

 

「空室のリスク」

 

「大規模修繕のリスク」

 

「売却のリスク」

 

これらを回避すればよいのでしょうか?

 

こちらに関してはかなり賛否両論に

別れると思いますが、

 

わたくしの回答は

 

 

「買い増しが有利になる物件を一気に買い増せ」

 

これだと考えています。

 

というのも

 

リスクを恐れて中途半端に一棟ものを

買ってしまうのが最大のリスクとなるからです。

 

これはどういうかというと区分と違い、

一棟買うと月に10万円とかプラスの収支で

回るようになります。

 

毎月10万円のお小遣いが増えるだけでも

だいぶ人生が変わってくると思います。

 

ただ、この10万円は見せかけの10万円です

 

というもの、突如として何百万円の

大規模修繕や空室が発生した場合、

 

貯金がなければ一切対応することが

できなくなってしまいます。

 

となると、この毎月の10万円は

あくまでも備えとして取っておく必要があります。

 

じゃあ、一棟なんかやる意味ないじゃんと

なってしまいますが、これは

一棟とか二棟しか持っていない場合のケースになります

 

 

仮に10棟自分が保有していた場合、

古い①のマンションに大規模が必要となったとしても、

同じタイミングで新しい⑨のマンションが

修繕が必要となるとは考えにくいです。

 

つまりは、棟数が増せば増すほど、

一つの物件に何かあったとしても

ほかの物件の家賃収入でカバーがしやすくなります。

 

こういった一つの投資に何かあったとしても

カバーができるほかの投資手法を持つことを

ポートフォリオといいますが、

 

棟ものの不動産投資の場合、

いくつも違う投資手法を持たずとも、

不動産投資の中だけでポートフォリオ

完成させることができます

 

 

ですので、ポートフォリオをいち早く

完成させるためにも、利益の出る物件を5棟くらい

までは一気に買い増ししてしまったほうが

よいでしょう。

 

ポートフォリオが完成してからは

もうやりたい放題です。

 

空室による家賃の減額も

 

大規模修繕も

 

売却に時間がかかったとしても

 

ほかの大きな家賃収入の

範囲内ですべて済ますことができます。

 

 

ですので、まずやるべきは

「どれだけ買い増しを見据えたプランを組み立て、

良い物件やよい業者を見つけるか」

 

これにかかってくると思います。