低所得で激務のサラリーマン・公務員でも会社にバレることなく0円不動産投資で年間家賃収入1000万円を手にする方法 ~将来に不安な状態から老後まで一気に勝ち逃げする~

高年収でないサラリーマンや個人事業主でも不動産投資で年間家賃収入だけで1000万円を手にする方法について書いています。読むのが面倒だから具体的なノウハウを聞いてみたい方は、LINEにご連絡ください。【LINE ID】→@ljr0532l ※@忘れずに

「デキル」業者とは

何度もしつこいようですが、

一棟ものの不動産投資には正解は

ありません。

 

一言に買い増しといっても無限の組み立て

パターンの中から物件を選択していく

ことになります。

 

 

ただ、人任せにしすぎると一気に

選択肢の幅を狭めることになります。

 

 

特に業者のいわれたとおりに

無思考でサインをし続けると

どんどん自分の可能性を

狭めることになります。

 

 

不動産投資をするのは業者ではなく、

あくまでも自分自身だということを

自覚しなければなりません。

 

 

とはいえ、いきなり未開の地に

放り投げられたとしてもそこから

素人が土地を開拓することは

非常に困難です。

 

 

そこで人に頼らなければならないわけですが、

人の見極めが非常に難しいというのが

現状です。

 

 

人を選ぶうえでの一つの注目ポイントが

その人の提示した内容が

 

「あてはめ」になってないか

ということがあげれます。

 

 

自分の理想の状態はこれこれこうゆう状態、

 

それに対し、人の提示した条件が、

それは無理だからこっちにしましょうなのか、

 

 

難しいですが、なんとかその状態に

近づけるようにこちらも全力で

工夫します!なのか、

 

 

それだけでも大きく「未来」が変わってきます。

 

 

不動産の場合、数字で表れるので

納得できない数字が出てきたら

取り消すことも可能です。

 

ですので、抽象的な頑張るではなく、

頑張った結果具体的にはこういう提案が

できますという業者としての

能力がもろに現れてしまうわけです

 

 

一つ例を挙げると、

一棟ものに挑戦したいものの、

変な区分の買い方をしてしまい、

月々の返済に追われてしまって

いる人が、

 

 

区分の金利を下げたうえで

一棟ものにチャレンジできる

ようになったり、

 

 

悪い業者につかまり、住宅ローンで

物件を3つ買わされ、融資枠が

全くなくなってしまった方が、

 

うまいこと工夫し、個人の融資枠とは

別のところで融資を引っ張り、

一棟ものにチャレンジできるようになったり

しています。

 

 

どちらも、自分はもうだめだ。。。

と思っていたところからの

想像の外側からの逆転で

理想の資産形成図を描けるようになった

パターンです。

 

 

このように力のある業者と組み、

なおかつ自分でも勉強して

大家さんとしての自覚を持つことで、

 

 

想像以上の未来をつかみ取ることができます。

 

 

ですので、「デキル業者」というのは、

想像もしていなかったお客さんの明るい

未来を何十年も一緒に寄り添って作り上げて

いく会社のことをいうのではないかと

考えます。