低所得で激務のサラリーマン・公務員でも会社にバレることなく0円不動産投資で年間家賃収入1000万円を手にする方法 ~将来に不安な状態から老後まで一気に勝ち逃げする~

高年収でないサラリーマンや個人事業主でも不動産投資で年間家賃収入だけで1000万円を手にする方法について書いています。読むのが面倒だから具体的なノウハウを聞いてみたい方は、LINEにご連絡ください。【LINE ID】→@ljr0532l ※@忘れずに

不動産投資の紹介業について

投資用不動産の営業でうまくいくには「紹介のマーケット」

作ることがとても大切になってきます。

 

中々新規でお客さんを取り続けることが

難しいのです。

 

理由としてはいくつかありますが、

 

・よくわからない

・額が大きいから怖い

・不動産の営業マンが嫌い

 

など、初めてあった人からいきなり購入する

とはなりづらい商品です。

 

そのため、元々仲のいい人や、

そもそも不動産をやっている知り合い

といった人から勧められて不動産を

始めるパターンというのは多いです。

 

「信頼」で物を買うということです。

 

 

その「紹介マーケット」を構築するため、

業者は大きめの紹介料を渡します。

 

これは会社や物件によって大きく異なりますが、

数十万円~中には数百万円というオファーが

提示されます。

 

 

一発決まれば非常に大きいですよね。

 

そこに惹かれて紹介側に回る人というのは

非常にたくさんいます。

 

実際に紹介業だけでぼろ儲けしている人も

存在します。

 

自分で在庫を抱えることもなく、

尚且つ商品説明などは営業マンが

やってくれるので非常においしい仕事ですね。

 

 

ただ、ここで気を付けなければならないのが、

「安易な紹介は身を滅ぼす」

ということです。

 

 

ここでいう安易というのは、

・紹介料のでかさで扱う不動産をえらんでいないか?

・営業マンへの信頼だけで不動産を選んでいないか?

・自分がここから買ったというだけで不動産屋を

 紹介していないか?

 

という点です。

 

 

どれも結局自分の利益にしか

繋がらない選択肢だからです。

 

 

この中で、一つも紹介された人が、

不動産投資で成功するという前提の

選択肢はありません。

 

・紹介料が大きい

→全く成功に関係なし

 

・営業マンが信頼できる

→物件の質と営業マンの人柄は関係ない

 

・自分が買ったから

→自分が本当にいい買い物が

出来ているかはわからない

 

 

不動産は大きな買い物ですので

万が一の事態が生じたときには

大惨事に陥ります。

 

 

「この不動産会社を紹介するリスクは何か?」

「リスクに対して自分はカバーしきれるのか?」

 

この辺りを考えに入れて、

人に不動産投資を勧める

ようにしましょう。